金利の計算方法について

金利の計算方法について

実際に融資を受けた場合、金利によってどれぐらいの差が出てくるのかわからない場合があります。

しかし、金利等を無視して融資を受けると返済額がかなり変わってくるため、非常に危険です。

そこで、わかりやすいように金利などを表にまとめました。

一ヶ月の金利早見表

 
借入金額 金利29.20%
の金利
差額 金利18.00%
の金利
差額 金利15.00%
の金利
100,000円 2,443円 → 943円 → 1,500円 → 250円 → 1,250円
200,000円 4,866円 → 1,866円 → 3,000円 → 500円 → 2,500円
400,000円 9,733円 → 3,733円 → 6,000円 → 1,000円 → 5,000円
500,000円 12,167円 → 4,667円 → 7,500円 → 1,250円 → 6,250円

金利は、数パーセント違うだけでも、一ヶ月にこれだけの幅が出てきます。

キャッシング時の重要なポイントとして「金利」をしっかりと計算しましょう。
以下の計算式でも、融資を受けた金額の返済利息を計算する事ができます。
借入残高 × 実質年率 ÷ 365日 × 利用日数 = 利息
一般に金利表示は、パーセントで表す事がほとんどです。わかりづらいかもしれませんが、返済金額をしっかりと把握しておく事は非常に重要な事です。
また、返済期間によっても、金利等が違ってくる事があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする