キャッシングの用語

◆ATM
カードなどを用いて払い出しや預け入れ等を行うことができる機械。銀行の場合は「現金自動預払機」、消費者金融業界の場合は「現金自動貸出返済両用機」と言います。出金のみの「現金自動支払機(CD/キャッシュディスペンサー)」に代わり現在広く普及しています。
◆アドオン返済
アドオン返済とは、借りた金額(元金)に利率をかけて、その総額を返済回数で割った金額を毎回返済する返済方法です。もし、同じ利率だとすれば、返済と共に元金が減っていく元利均等返済や元金均等返済と比べると、1回あたりの返済金額は多くなります。現在はアドオン金利の表示は禁止されており、実質年利を表示することが義務化されています。
◆一括完済
債務をひとまとめにして全部返済すること。返済期間中に繰り上げ一括返済する場合に行われる例が多いようです。
◆インターネットキャッシング
キャッシングの契約を、店頭ではなく、インターネットのホームページを通して行うことができるサービスの総称で、オンラインキャッシングやウェブキャッシングなどとも呼ばれます。審査は店頭の申し込みと同様に行われます。
◆印紙税
印紙税とは、契約書、受取書など、法律で定められた種類の文書に課税される税金のことで、主に収入印紙などで支払われます。
◆延滞
契約の際に決められた返済日(約定返済日)に決められた金額(約定金額)が返済されずにとどこおること。これを民法では履行遅滞と言います。
◆おまとめローン
「一本化」と同じ意味で、複数の借入を、一つにまとめるためのローンのこと。銀行などで多く使われている商品名です。
◆貸し倒れ
貸したお金などが回収不能となることです。
◆キャッシング
クレジットカードや消費者金融などで融資を受ける事です。
◆繰上返済
決められた返済予定とは別に、残高の一部や全部を繰り上げて返済する事で、その際は利息を計算し直す事もあります。
◆個人信用情報
お金を借りる際に、機関に記録される個人の情報の事で、主に「氏名や年齢等」融資に関する内容、返済履歴等が記録されており、融資の際に参照されます。
◆督促
借金の支払いなどを、文書などで請求する事をいいます。
◆債務
お金を借りて、「借りた会社」に返済しなければならない義務の事です。
◆サラ金
一般に「消費者金融業者」の事です。大体、担保や保証なしで借りられる事が多く、銀行よりも金利が高めです。
◆残高スライド返済
残高スライド返済とは、借入残高に応じて月々の返済金額がスライドしていく返済方式です。たとえば、残高が50万円未満の場合は月1万円、50?100万円の場合は、月2万円のような形になります。最近はこの方式をとっている会社が多くみられます。
◆実質年率
「借入金」+「支払い利息以外の手数料」の合計額を年間の金利で表したものです。消費者金融は利息を実質年率で表しています。
◆多重債務者
一般的に数店舗からの借金を負っており、返済が困難になってしまった状態の事をいいます。
◆担保
お金など、融資を受ける側が、融資をする側に対して、返済ができなくなった時に、返済の代わりとして融資をする側が損をしないように、融資を受ける際に差し出す物(不動産担保など)の事で、保証人も含みます。
◆保証人
他人の借金を保証する人のことで、返済が不可能となった場合、代わりに返済する義務を負う事を言います。
◆元金
元金とは、利息等を含まず、主に元々借り入れた金額のことです。
◆ローン
一般的に、お金を貸す事、あるいは借りる事全般を指します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする